軽費老人ホーム(ケアハウス)

軽費老人ホーム(ケアハウス)とは

軽費老人ホーム(ケアハウス)は身体機能の低下や、高齢などのために現在の自宅での生活に不安な方が入居し、入居者の自主性を尊重しながら、明るく心豊かに自立した生活を送ることを目的にした、いわゆる食事付高齢者アパートのような施設です。(1人部屋、夫婦部屋があります)

また、入居者が要介護状態等になった場合は、適切に居宅サービス(介護保険サービス)を受けることができます。

入居できる方

  • 年齢が60歳以上の方(60歳以上の配偶者と共に入居する場合は、この限りではない)
  • 身体機能の低下が認められ、高齢等で独立して生活するには不安がある方で、家族の支援を受けることが困難な方
  • 感染症や精神的疾患を有せず、共同生活に適応できる方
  • 施設におけるサービスなどを利用することにより、自立した生活が送れる方
  • 施設の利用料を資産、所得、仕送りなどで負担できる方

まずはこちらへご相談を

当法人の軽費老人ホーム(ケアハウス)

ケアハウスしおかぜ

入所するまでの手続き

入所を希望する方

入居の相談・見学

軽費老人ホームの入居を希望する場合は、ケアハウスしおかぜに直接ご相談ください。見学も随時受け付けております。

入居の申込み

軽費老人ホームの入居を希望する場合は、ケアハウスしおかぜに「入居申込書」「身元保証人届」を提出してください。

入居審査会

入居の審査

軽費老人ホームの入居の判定を、柏崎市介護高齢課長や当法人の理事、そしてケアハウスしおかぜの施設長等で構成する審査会で入居の可否を決定します。

※健康診断書を提出していただきます。

入居する居室の決定

入居するお部屋を決定します。

事前説明

入居前に、ご本人や身元保証人にお会いして、利用料金や日常生活の様子などを説明し、お互いの情報交換をいたします。

契約の締結

入居に必要な書類(契約書・収入申告書など)を用意し日用品等を準備します。

軽費老人ホーム(ケアハウス)へ入居